ステップアップしました

こんにちは、meriです。この記事は、前回の記事【転院して、再び治療スタート】の続きになります。

不妊治療についての最初の記事はこちら

人工授精にステップアップ

転院後、ステップアップすることになった私たちは、人工授精にチャレンジすることになりました。

人工授精とは、

排卵時期に調整精子を直接子宮内に注入し、妊娠率を高める方法です。

人工授精の方法

タイミング法と同じように排卵時期を予測し、人工授精の日程を決めていきます。
排卵日の直前・直後が、最も妊娠しやすい時期となります。
当日採精した精液を調整した後、濃縮精子を専用のカテーテルを用いて、子宮腔内に注入します。

上記の通り、私の場合は指定された日に、当日の朝に自宅で採取した精液を持参し、初めての人工授精に挑みました。

人工授精が激痛だったという方もネットではちらほら見かけていたので、内心ドキドキしていましたが、私は痛みを感じることなく終える事が出来ました。

 

金額も病院によって様々ですが、私が通院していた病院では、1回の料金が15000円ほどだったと思います。(保険適用外の金額です)

今後は人工授精や体外受精も保険適用されるとのことなので、金銭的な負担はだいぶ軽くなるのではと感じています。欲を言えば、もっと早く保険適用になっていてほしかった…😂

そして初めての人工授精の結果ですが、これは残念ながら生理がきてしまい失敗に終わりました。

 

初めてということで、かなり期待していたのですが、そううまくはいきませんね。

でも自然妊娠よりは少し妊娠の可能性が上がるけれど、体外受精よりは確率は下がるということは予め勉強して知っていたので、そこまで落ち込まずに済みました。

夫の不妊治療への取り組み方

ちなみに、不妊治療をしていく中で、必ず精液検査というものを受けることになります。これは、精液の量や運動率、精子の形態が正常かどうか、などを調べるものです。その日のコンディションによって結果が変動する事もあります。

自宅で採取したものを持参するか、当日病院で採取するかを選択できたので、うちは自宅から持参しました。

不妊は女性側だけではなく、男性側にも問題があることが多いということは、今は常識です。

それでも、いまだに男性不妊は受け入れられない男性が多いらしいです。精液検査さえ嫌がる人もいると聞いたことがあります。

 

もちろんそれぞれ夫婦によって事情があると思いますし、もし検査を受けて問題が見つかったらどうしようと悩む気持ちもわかります。

でも、不妊治療をすると決めたのなら、せめて基本的な検査は受けてほしいですよね。

不妊治療は、男性が女性に協力するものではなく、そもそも最初から夫婦で取り組むものだと私は思います。

私の夫は、「精液検査やります!」と前のめりになって何でも積極的に取り組んでくれました。

本当に心強かったですし、夫がそういう姿勢でいてくれなければ、多分心が折れていました。

 

不妊治療中は、心が折れそうなことなんていくらでも降りかかります。例えば、私より後に結婚した友達が次々妊娠して出産していくとか、LINEのタイムラインに赤ちゃんのエコー写真を載せている友達がいて勝手にもやもやしたりとか、今回絶対妊娠してる気がする!と思ったのに、予定通り生理がきて撃沈😥とか。

思い出したらいくらでも言えるくらいあります笑

 

だからこそ、パートナーの不妊治療への取り組み方は重要です!!!

 

愚痴を聞いてくれるだけでもいいです。一緒に愚痴を言い合ってくれるのも大歓迎。何も言わずとも、治療に積極的に取り組んでくれると、それだけで救われます。一緒に同じ目標に向かっている人がいる。同じ目線で、自分の気持ちをわかってくれる。その存在は、絶大です。

ただでさえ不妊治療中はナーバスになりやすいので、ちょっとしたことでもケンカになったりします。

仕事があるとなかなか積極的に治療に取り組むのは難しいこともあるかもしれませんが、気持ちだけでも寄り添ってもらえたら、いい結果に繋がるのではないかと思います。

 

人工受精後、次はどうするか

初めての人工授精が失敗に終わった私たちは、迷わず二度目の人工授精にチャレンジすることにしました。

気持ち的に前向きだったので、この勢いで進めていきたかったのです。

次こそはうまくいく!!!😆

 

そう信じてやってみたのですが、二度目も失敗に終わり、結局私たちはその病院で3回続けて人工授精にチャレンジしましたが、全て失敗に終わりました。

もちろん私はすぐ4回目にチャレンジしようと思っていたのですが、そこで夫にこう言われました。

 

「少し時間を空けてやってみようか。治療を休む間に、身体を整えた方がいい結果になる気がする」

 

治療を休むなんて考えがなかった私は驚いたのですが、たしかに身体の調子を整える事は大事かも…と思い、夫の意見に賛成し、数か月の間治療を休むことに決めました。(とは言っても、排卵検査薬を使ってタイミングは取っていました)

というのも、私はかなりの冷え性で、野菜もあまり好きではなく、その頃の食事なんて本当に好きなものしか食べていなかったのです。

例えば飲み物は冷たい炭酸のジュース😅食べ物も基本味の濃いものオンリーで、夜も夜更かしし放題。

なかなかジャンキーな生活でした笑

不妊治療をしながらも、自分の生活は一切変えていなかったのです。

 

「お前のその食生活で、妊娠するとは思えないんだけど」

夫にハッキリとダメ出しされ、最初は抵抗していたのですが🤣基本的な生活を見直していこうと決めました。

正直、見直しが遅いくらいですよね笑

でもやっとそこで本気を出した私は、次々と見直しに入ります。

 

次の記事では、妊娠するために見直したことや取り入れたことを書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク