子供が1歳になる前の子育ての悩みについてまとめてみた

こんにちは、meriです。この記事では、もうすぐ1歳になる子供の子育ての悩みについて書いていきたいと思います。

前回の記事はこちら

8年取り組んだ不妊治療についての記事はこちら

子育ての悩みは尽きないと知った

私たち夫婦は子供が産まれる前、かなり長い間不妊治療を続けてきました。

結局、治療ではなく奇跡的に自然妊娠で授かり出産することが出来ましたが、不妊治療中は悩みばかりの毎日でした。

悩みだけではなく、妬みや不満など嫌な感情が入り混じってとにかく凄かったです…😭

で、今子供が産まれて、もちろん不妊治療中に感じていた悩みや妬みは消えてなくなりましたが、子育ては悩みの連続だと初めて知りました。

産まれてまだ間もない頃は、どうすれば夜に泣き止んでくれるのだろう、とか、ミルクの量はこれで大丈夫なのかとか、うんちの回数が多いけど大丈夫なのか、とか。

悩みというか、心配事が尽きない。

子供が大事だからこそ、新たな悩みが次々と生まれてくる。

私は本来、超がつく面倒くさがり屋で超がつく適当人間なのですが、子育てはそう簡単に「適当でいっか!」とは思えませんでした。

少しの気のゆるみが、子供の命を落とすことに繋がってしまうかもしれない。

それが怖くて、毎日気を張り詰めながら子育てしています。

毎日、子供が寝た後はなにかしら育児関係のことをネットで調べている気がします。

なので、この記事では月齢ごとに私自身が悩んでいたことを簡単にまとめてみました。

新生児~生後6か月までの子育ての悩み

新生児から生後6か月までの子育ての悩みを箇条書きにしてみました。

・夜にとにかく泣く。(生後4か月ごろまで)

・魔の3週目から泣きがパワーアップ。

・私ももちろん眠れないので、自律神経が乱れて感情がぐっちゃぐちゃに笑

・1日にするうんちの回数が多い

・頬の湿疹

・ミルクを吐く回数が多い

・離乳食を食べてくれない

・げっぷがうまく出ない

特に魔の3週目から夜寝なくなりひたすら泣く日々が続いたので、これにはかなり精神的にやられたし悩みました。

結局月齢が上がるにつれて自然と夜に泣くことは減っていきましたが、毎日悩んでいました。

箇条書きにした項目それぞれ今まで記事にしていますが、どれもあの頃は悩んでいたけれど、時間が解決してくれるものばかりだった気がします。

でも悩んでいる真っ只中のときは、これがこのままずっと続いたらどうしようって本気で悩んでしまうんですよね。

うんちの回数だって、今では1日1回で安定していますし、頬の湿疹も病院でもらうクリームで毎日保湿しているのですべすべです。

その分、新たな悩みも増えていますが😅

少しずつ余裕が出てくると、この先どんな子育てをしていこうかな、とかいろいろ考えるのが楽しくなる瞬間もあります!

 

私と夫は、自己肯定感の高い子に育てたいという意見が一致しているので、どうすればそんな子育てができるか日々試行錯誤中です😉

 

生後6か月~1歳までの子育ての悩み

生後6か月~1歳までの子育ての悩みを箇条書きにしていきます。

現在進行形のものもあります。

 

・なかなかお座りしそうな気配がない(7か月でできるように)

・麦茶を思うように飲んでくれない

・ストロー飲みがうまくいかない

・つかみ食べができない

・バイバイしない

・指差す方向を見ない

・歯磨きを嫌がる

・爪切りを嫌がる

・鼻水吸い取るのを嫌がる

 

だんだん成長が進むにつれて、子供の意思もハッキリしてくるようになりました。

 

鼻水なんて、生後3か月とか4か月頃は少しも嫌がらず吸わせてくれていたのに、今では全力で拒否笑笑

反り返ってギャン泣きです🤣

 

爪切りも歯磨きも、手を振り払うし顔を背けるし、「嫌っ!!!」って顔をします🤣

こっちも放っておくわけにはいかないので、本気でいきます。

お互い超本気の戦いです笑

 

でも、こんな風に子育てのことで悩む日がくるなんて思わなかったので、悩みは尽きないけれど毎日幸せだなと感じています✨

 

この先子供が保育園か幼稚園に行くようになり小学生になったら、また今とは全く違う悩みが生まれるのだとは思いますが、あまり悩み過ぎずになるべく楽しく過ごしていきたいです。

とにかく今は歯磨きで一番悩んでいます。

こういうのを買ってしてみた方がいいのか検討中です!!

 

次の記事では、産後の自分の体の変化について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク