妊娠検査薬で陽性判明!だけど…

こんにちは、meriです。この記事は前回の記事【8年取り組んだ不妊治療】の続きになります。

 

初めての陽性

卵管造影検査をした翌月、生理が遅れていることに気付き、生理予定日の2日後に妊娠検査薬を使い陽性が判明しました。

初めての陽性、初めての妊娠。喜ばないわけがなく、私は早速夫と姉に報告しました。

でも、その喜びは続かなかったのです。それから1週間後のことでした。早朝、生理痛のような痛みで起きた私は、出血していることに気が付きました。

 

血だ……

 

嫌な予感がして妊娠検査薬を使うと、1週間前より陽性のラインがかなり薄くなっていました。

普通、濃くなっていくものなんじゃないの…?

そこからは、ひたすらネットで検索。いろいろ調べると、着床出血や化学流産の文字が。

着床出血とは、受精卵が着床するときに起きる少量の出血のことです。基本的には腹痛を伴わないものです。

化学流産とは、受精卵が着床する早い段階で流産してしまうことです。

 

恥ずかしながら、私は不妊治療を始めておきながら、化学流産のことさえ知らず、更に言えば自分がそのような経験をすることになるとは微塵も思っていませんでした。

妊娠すれば、出産できる。そんな安易な考えでいました。

 

お願い!着床出血であってくれ!

 

そう願い続けましたが、結局それから数日でいつもの生理痛の何倍もの痛みと本格的な出血が始まり、病院に駆け込んだところ、化学流産だと告げられました。

それはもう、ショックで泣きました。

 

しかも私、妊娠がわかったときに舞い上がり過ぎて、自分の親と夫の家族にも報告してしまっていたのです😨

その後、化学流産したことを伝えましたが、いろいろ気を遣わせてしまい、周囲に妊娠の報告をしたことをものすごく後悔しました…。

もし今妊娠がわかってこの記事を読んで下さっている方がいれば、ぜひ伝えたいです。

周囲への妊娠の報告は、安定期に入ってからでいいと思います。

子供を授かる事は、本当に奇跡的な出来事です。慎重すぎるのでは、と思うくらいでいいと私は思います。

 

化学流産後

化学流産を経験し、すごく悲しかったし身体も辛かったのですが、また授かりたいという気持ちになりました。

翌月にはまた通院し、タイミング法を試してみる事に。

そしてその翌月にまさかの二度目の妊娠反応が!!!

 

ところが、この妊娠も化学流産に終わり、なんとそれから3か月後にも妊娠したのですが、とても小さな胎嚢は確認できたものの、着床が続かず自然流産となってしまいました。

この3度目の流産は、のたうちまわるぐらいのお腹の痛みが何日も続き、精神的にも肉体的にも最も辛く、妊娠するのが怖いと思ってしまうには十分な出来事でした。

そしてこのとき、主治医にこう告げられます。

 

「次の段階に進むのなら、この病院ではなく不妊治療専門の病院でステップアップした方がいい」

 

流産して大きなショックを受けている中でこの言葉は、見捨てられてしまったような気持ちになり、最初は受け入れられなかったです。

でもしばらくしてから夫と話し合い、やっぱりステップアップしてみようと決め、転院を決意しました。

 

そして、転院

近所の産婦人科から、次は口コミで評判の高い不妊治療専門のクリニックへ転院することにしました。流産後、3か月は経過していたと思います。

病院を選ぶなら、絶対に口コミで評判を確認した方がいいです!!!意外と検査の金額などは病院によって違うので、事前に確認した方がいいです。

 

大体の病院は、HPで検査費用などを記載してくれています。

あと、実際に通院してみて主治医や病院の雰囲気、治療方針などが自分には合わないと感じた場合は、早めに転院した方がいいと思います。そういう所に長く通院するのは、ストレスが徐々にたまり精神的に良くないからです。

 

その際は必ず、転院する前に紹介状を出してもらいましょう。

 

紹介状があれば最初の検査を二重で受けなくてよくなることがあるので、転院先の病院に予め聞いておくのもおすすめです。

また、検査結果の紙などを転院先に持参すれば、1年以上前のデータじゃなければ同じ検査を受けなくていい場合もあります。私は転院先に持参したので、検査がいくつか省かれ金銭面でも節約になりました。

 

転院先の不妊治療専門クリニックは、患者のプライバシーがしっかり守られていて、私は好感を抱きました。

待合室もカーテンで隣の席と区切られていて、顔が見えづらくなっていました。

更には、不妊治療専門なので、子連れは基本禁止でした。もともと通院していた産婦人科は子連れOKだったので、子供がほしくて焦っていた自分にはちょっとストレスでした。

また、順番が回ってきたらスマホにメールが届くようになっていた上に、立地も駅から徒歩1分の所だったので、通院にそこまでのストレスを感じる事はなかったです。

とにかく不妊治療の通院は、どこまで自分でストレスを減らせるか。

これ、意外と大事だと思います。

 

次の記事では、転院後の治療について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク