ようやく安定期に突入

こんにちは、meriです。この記事では、妊娠中のつわりや安定期について書いていきたいと思います。

前回の記事はこちら

8年取り組んだ不妊治療についての記事はこちら

安定期までの過ごし方

心拍が無事に確認できたので、次は安定期に入る事を目指します。

相変わらずつわりは酷く、ほぼ毎日夜に吐いていました🤮

 

ただ、なぜか仕事中はつわりが酷くなかったんです。

なので、仕事は出産予定日の2か月前まで続けたのですが、1度も休むことはなかったです。

 

いい意味で気が逸れるので、仕事が気分転換になったのでしょうか。

 

ストレス発散とは少し違いますが、何か気が紛れることに集中するのはいいかもしれません😀

 

ちなみに、母子手帳をもらってからは、婦人科から産科の診察へ移りました!

毎回妊婦検診前に、体重と血圧を測ります。

 

体重は出来るだけ増えて見えないように、なるべく薄着で体重計に乗るようにしていました笑

 

安定期まではとにかく穏やかに過ごしたかったので、仕事が休みの日は主に夫と朝からカフェに行き読書を楽しみました。

もちろん飲み物はカフェインのないリンゴジュースやオレンジジュースで。

ただ、コロナ禍のため、気軽には出掛けられませんでした。

恐らく、今現在妊娠中の妊婦さんも、不安でいっぱいだと思います。

 

でもその反面、もしコロナ禍じゃなければ、休日は動き回っていた可能性があるので、安静に過ごす意味では良かったのかもしれません。

とにかく、元気に育ってくれーーー!とお腹に向けて声を掛ける日々でした。

9週6日で胎児の大きさは2.66㎝まで成長しました。

なんとなく人の形に近付いているような気がします🙂

 

ついに安定期、ようやく家族に報告

そして、ついに16週に入り安定期を迎えました。

 

待ちに待っていたのですが、つわりは相変わらずあって吐いてばかり😭

結局つわりは、20週頃になってようやく落ち着きました(すぐに後期つわりが始まるとは思いもせず)

 

とりあえず安定期に入ったので、そこでようやく家族に報告しました。

まず報告したのは姉です。

私が不妊治療を過去にしていたことは知っていたので、とても喜んでくれました。

 

母は、私に子供が出来るとは思っていなかったようで、泣いて喜んでくれました。

父には、本当の子か!?と、意味不明なことを言われました笑

多分驚きの境地にいったんだと思います笑

 

夫の家族もすごく喜んでくれて、こういう報告を出来る日がくるなんて自分自身諦めていたので、幸せな気持ちになりました。

 

友人や会社に報告したのは、それから更に1か月近く経ってからです。

一般的に見ると多分遅い報告だったと思いますが、周りへの報告は遅くても問題ないと私は思います。

(会社には引き継ぎなどの問題もあるので、早めの方がいい場合もあります)

 

このとき16週で胎児の大きさは3.32㎝でした。

頭の形もわかってきて、こっちを見ているような気が…😲

 

妊娠中、つわり以外で体に起きた変化

特に大きかった変化はつわりだったのですが、それ以外で地味に辛かったことは以下です。

・恥骨の痛み

・足が頻繁につる

・めまい

・息苦しい

 

恥骨の痛みは妊娠中期から出てきたのですが、歩くと響くのかズキズキ痛くてかなり辛かったです。

特に妊娠後期は歩いたほうがいいと先生に言われていたので、よく近所を散歩していました。

この恥骨の痛みは出産するまでありました。

 

足も妊娠中期から、頻繁につっていました。

本当に毎朝起きて少し体を伸ばしただけで足がつってしまって、たまに両足同時につるときもあり、痛みで悶絶していました😣

これはどうやら水分不足が原因のようです。

 

妊婦検診の尿検査でも尿蛋白が引っかかることが多く、水分不足を毎回指摘されていました。

頑張って水を飲むようにしていたのですが、相当足りていなかったみたいです。

 

水分はこまめに摂ることをおすすめします!!!

 

めまいは、寝起きが酷かったです。

ぐるぐる回るめまいで、目が覚めてもすぐには起き上がれない状態でした。

つわりで吐いてばかりいたので、栄養が足りていなかったのかなと思います。

 

息苦しさは妊娠後期からでしたが、とにかく辛かった😱😱😱

 

寝る前の息苦しさも辛かったのですが、本屋や美容室で息苦しさを感じたときはやばい!!と焦りました。

 

特に美容室は髪を切られている途中で、コロナ禍でマスクをしながら切られていたのでそれも原因だったと思います。

めちゃくちゃ変な汗が一気に出てきて、心臓もばくばくして、とにかく息苦しさを落ち着かせるのに必死でした。

 

幸い倒れる事はなかったのですが、倒れてもおかしくなかったくらいです。

 

妊娠中に外出する際は、なるべく誰かと一緒に行動した方が安心すると感じた出来事でした。

今現在妊娠中の方も、可能であれば外出の際は家族に付き添いを頼まれた方がいいかと思います。

 

この息苦しさも出産するまでずっとありました。

出産後は嘘みたいになくなるので、今息苦しさで辛い思いをしている方も、どうか出産の日まで頑張りましょう!!!🙂

 

次の記事では、胎動や妊娠後期のことについて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク